ホーム

訪問診療に特化したクラウド型電子カルテシステムの開発をはじめ、在宅に関わるすべての人たちをITで総合支援することを目指しています。

訪問診療に求められるIT

患者宅へ出向く訪問診療では、医療や介護で必要なものをすべて持っていく必要があります。事前の計画と準備が重要となります。
定期的で計画的な診療を効率的に行うには、物品だけでなく、処方せんの準備や薬局への手配も重要です。
単に医師が診療結果を記録する電子カルテシステムではなく、準備から診療ルート決定、他の関係者との連携という情報共有の機能が求められます。

医師と情報共有

患者のご家族、ケアマネージャー、薬剤師、施設スタッフなど、患者をとりまく人々は医師の診断情報を必要としています。
また医師も、患者の容態変化のタイムリーな情報を必要としています。
在宅医療情報システムは、Webに加えてFAXや携帯電話など、あらゆる媒体を使って簡単に連絡をとれる環境を関係者に提供します。

クリニック・訪問看護ステーションのトータル支援

カルテシステムの導入だけでなく、PCのメンテナンス、レセプトのアウトソーシングまで、24時間365日の在宅医療をIT面で総合的に支援します。
たとえば、PCが不具合というだけで診療に支障をきたします。PCの点検、予備PCの準備など、在宅現場に必須のITサポートメニューをそろえています。

在宅医療情報システムの特徴

新しく変化している分野です。私たちは医療の現場と一緒に開発し、運用し、サービスを提供しています。
オープンソースやデファクトスタンダードを用い、コストパフォーマンスを重視したシステムをベースに、タイムリーにサービスを提供することを心掛けています。
現在、在宅診療クリニック向け、訪問看護ステーション向け、ケアマネージャ向け、施設向け、薬局向けにそれぞれシステムを提供しています。
在宅医療情報システムの最大の特徴は、社員が医療や介護に関心があり、ITによって貢献したいという思いがあること。
現場のニーズを汲みあげ、プロトタイプで試行錯誤を繰り返すBPRにITを最大限活用しています。

日本の在宅医療の新しい時代を切り開いていきます。