在宅医療はチームワーク

患者を 24H 見守る、家族を 24H 支える

C0000405_10448_s03

急変に 24H 対応すること。深夜の往診、家族からの電話問合せに 24H 365日 応じること。在宅患者を支える医師に支払われる「在宅時医学総合管理料」の条件です。

これを医師が一人で達成・維持することは非常に困難で、長期間、安定に実現するにはチームワークが必須です。複数の医師、訪問看護師との連携はもとより、訪問服薬指導を行う薬剤師やケアマネージャとも情報を共有し、きめ細かいケアを実現するのに、IT活用が欠かせません。

難しいのは、簡単に、低コストで、タイムリーに、患者を取り巻く多様な人たちが、的確に情報共有すること。在宅医療情報システムは、在宅の現場からニーズを掴み出すところに最大の関心を払っています。そのうえでBPRの可能性に挑戦しています。